2019年3月31日でプロジェクトの回収受付は終了しました/TOKYO2020 都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト 東京2020組織委員会/多くの皆さまにご協力いただき、「みんなのメダルプロジェクト」は終了しました! プロジェクトへのご賛同・ご協力、誠にありがとうございました。いよいよ、みんなの想いがメダルへ ※プロジェクト終了後も使用済み携帯電話・スマートフォン・タブレットの回収はドコモショップで行います。 公認プログラム 持続可能性

「みんなのメダルプロジェクト」概要

更新情報

  • トピックス

  • イベント・キャンペーン情報

「みんなのメダルプロジェクト」概要

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」は、
メダル製作に必要な数量が集まったことから
2019年3月31日でプロジェクトの
回収受付は終了しました。
ご協力いただいた皆さまに、心よりお礼を申し上げます。
ドコモでは今後も持続可能な
社会実現の為に使用済み携帯電話の
回収を続けて参ります。

使わなくなったケータイは、お近くのドコモショップへお持ちください

NTTドコモによる回収(携帯電話を回収)

約
万台

全国参加自治体による回収(携帯電話を含む小型家電回収)

約
トン

2019年3月31日でプロジェクトの回収受付は終了しました。/TOKYO2020 都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト 東京2020組織委員会

東京2020オリンピック・パラリンピックで使用する約5,000個の金・銀・銅メダルを、全国各地から集めた使用済み携帯電話や小型家電から抽出した
リサイクル金属でつくるプロジェクト。

ドコモは、全国のドコモショップでの使用済み携帯電話回収、
およびリサイクルプロセスを活用することで本プロジェクトを推進します。
(2019年3月31日でプロジェクトの回収受付は終了しました)

使わなくなったスマホ・ケータイをメダルにしよう ドコモは、使わなくなったスマホ・ケータイのリサイクルプロジェクトを推進します

ドコモショップで回収を受付ける品目

使用済み携帯電話・スマートフォン・タブレット (上記以外の小型家電の回収は受付けておりません)
  • ・ドコモショップで回収できるのは、携帯電話・スマートフォン・タブレットのみです。
  • ・回収品、および端末内のデータはご返却できませんのでご了承ください。
  • ・携帯電話・スマートフォン・タブレット内のデータ削除および初期化を
    事前に実施してください。
お近くのドコモショップを探す
プロジェクトについて詳しくは 東京2020組織委員会のページ

サンクス動画

  • 山田拓朗選手(パラ水泳)からのメッセージ動画(動画再生時間:44秒)

    みんなのメダルプロジェクトへのご協力ありがとうございました!



  • ドコモのケータイリサイクルリサイクル、都市鉱山ってなに?(動画再生時間:2分01秒)

    リサイクル、都市鉱山 ってなに? 大切なことなの?
    子供たちが砂場で楽しく会議をしながら教えてくれます

みんなから回収したケータイはメダルへ

メダル完成 ※実際の行程とは異なる場合がございます。
回収 運送 分別 解体 熱分解 精錬
回収 運送 分別 解体
熱分解 精錬
行程をクリック!
説明・写真フレーム
説明・写真

解体

文字

みんなの思いが詰まったメダルをアスリートの元に届けよう!!
使わなくなったケータイは、お近くのドコモショップへお持ちください

みんなの声

  • 大和ハウス工業株式会社

    大和ハウス工業株式会社

    東京2020オフィシャルパートナーとして、
    全国にいる社員が東京2020に関われることはないか、
    と考え、参加しました。
    「倉庫から古い物がでてきたので役立てたい」
    「皆で盛り上げたい」といった声が
    各地から寄せられました。

  • NEC(日本電気株式会社)

    NEC(日本電気株式会社)

    NECグループでは、社員と家族が
    参加できるみんなのメダルプロジェクトを
    創立記念日に実施しました。
    本社ビルをはじめ
    6拠点に集まった携帯電話は594台。
    メダルとして生まれ変わることを
    楽しみにしています。

  • 東京海上日動火災保険株式会社

    東京海上日動火災保険株式会社

    東京海上グループでは、みんなのメダルプロジェクトに
    協力するため、本社ビルに回収箱を設置し、
    約400台の携帯電話が集まりました。
    参加者からは「気楽に東京2020のプロジェクトに
    参加できて良かった」「多くの日本人選手が
    メダルを手にしてほしい」などの
    声が寄せられました!

イベントレポート

都内にある障がい者自立支援センター スタッフ

ケータイ解体のお手伝いを
していただきました。

都内にある障がい者自立支援センターで、障がいを持つスタッフの皆さまにパラリンピックのメダル製作へのご協力をしていただきました。このPC工房では、普段からパソコンや携帯電話の解体作業を行っています。「みんなのメダルプロジェクト」で使用するケータイの解体をしたスタッフの声をご紹介します。

▼スタッフの声
「メダルというリサイクル後の具体的な姿が想像できるので、やりがいがあります。選手が掛けてくれるのが楽しみです。」 「選手や大会ボラン ティアとしての参加ができなくてもオリンピックに携われることがうれしいです。」