イベントレポート

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
〜想い出の過去ケータイを復活し、メダルに再生しよう〜

2018年8月25日(土)に、「開催まであと2年!東京2020パラリンピックカウントダウンイベント」が開催されました。

我々は、使用済み小型家電からメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」のブースで、「想い出の過去ケータイを復活し、メダルに再生しよう」イベントを開催しました。

当日は最高気温36度を超える暑い中、ドコモのメンバーは10時に会場入り。11時のイベント開始に向けブースを設営します。

レポート画像

イベントの企画が決まったのが8月だったため、当日どれだけの方々がご参加いただけるか、不安とともにイベント開始の11時を迎えました。

会場後、しばらく誰も来ません、、、、。

では、お客さまが来るまでということで、オペレーションの確認をスタッフと開始したところ、程なくして1人目のお客さまが来場。東京2020組織委員会のホームページでこのイベントを知ったというお客さまです。

「この赤い色が大のお気に入りだったのよ〜」

というお客さまから、大切な懐かしいケータイをお預かりし、早速、電源復活作業を開始します。

レポート画像

数十分後に、お客さまのケータイ、無事復活しました!我々もホッと一安心。

レポート画像

復活したケータイから写真を取り出し、ケータイはメダルプロジェクトの回収ボックスへ。

お客さまが続きます。5台のケータイを持参したお客さまです。人に歴史あり、ケータイに歴史あり。

レポート画像

続いて、午後にはケータイを「金メダルにしたい!」と持参してくださった親子のお客さま。想い出の写真に再会し、しばし携帯をのぞき込み、
あー、この写真、と会話が弾みます。

レポート画像

取り出したのは、小さかった頃の想い出。そして、金メダルになりますように!

レポート画像

他にも、多くのお客さまが過去の自分や、過去の想い出と再会し、メダルプロジェクトにご協力をして頂きました。本当にありがとうございます。

レポート画像
レポート画像

こちらは、スタッフのケータイです。うっかり水没させてしまったケータイで、その時は復活してくれませんでしたが、7年ぶりに復活!
当時の写真を通じ、懐かしい方々と再会することが出来ました。

結局、約30台のケータイが復活し、想い出とともにメダルプロジェクトに参加しました。
皆さまのステキな想い出は、東京2020大会のメダルとなって再生します。